IPドメイン基礎講座

1:ドメイン名とは何?
2:ホスト名についてもう少し説明します
3:IPアドレス
4:DNSシステム

(ご質問を頂いても個々にお返事を出す時間がありませんのでご承知下さい。)
(ご質問の答えがこの頁の内容に反映される可能性はあります。)

1:ドメイン名とは何?
[定義](JPNICにあった文章から抜粋)
ドメイン名は、インターネット上にあるコンピュータに付けられた親しみやすく覚えやすい名前である。
これらドメイン名は、ユニークなIP(Internet Protocol)アドレスにマッピングされる。
IPアドレスとは、インターネット上におけるルーティング(経路制御)のためのアドレスとして機能するものである。
ドメインネームシステム(DNS)は、ドメイン名をIPアドレスに変換するものであり、これによって、ネットワーク上での情報転送が可能となる。
例えば、以下の様なホームページのアドレスで説明しますと、
http://www.mse.co.jp
mse.co.jp がドメイン名です。(世界に1つしかありません。)

.jp の部分は国を表します。(jp=日本)(第1レベルドメインとも言います)(ccTLDとも言い、基本的にはその国の人しか取得できません。)各国の第1レベルドメイン名

.co の部分はドメインの種類を表します。(co=会社)  詳細

mse の部分を各自の意思で決定でき申請し、先着順で決まります。

規則:3文字〜63文字、A〜Z、0〜9、ハイフン(-)からなる文字列である。
ただし、ラベルの先頭と末尾の文字はハイフンであってはならない。
また、大文字・小文字の区別はなく同じ文字とみなされる。


ちなみに
www とはmse.co.jp に在るサーバーの名前(ホスト名)(コンピュータの名前)です。
http とはホームページを見る為の決まり事の様なものです。 ( Hyper Text Transfer Protocol )
http://www.mse−us.com
インターネット発祥のアメリカだけは国を表す部分がありません。
(初めは全世界で使うとは思っていなかったそうです。)

.com の部分はドメインの種類を表します。
(com=会社、net=ネットワーク関連,org=非営利団体,他にはedu,gov,mil)
(gTLDとも言い、世界中の誰でも取得できます。)

mse-us の部分を各自が自由に申請でき、先着順で決まります。

info@mse.co.jp
上のようなEメールのアドレスでも同様で、mse.co.jp がドメイン名です。

info の部分がユーザー名です。

大企業や大学等で事業所単位でメールを区別する為に
info@mx1.mse.co.jp の様に @ とドメイン名の間にサーバー名が入る事があります。

ドメイン名から企業名や大学名を知るには
なお、www.mse.co.jp の所有者名を知りたい場合は、 UNIXのwhoisというコマンドを使用しますが、UNIXマシンが近くに無い方の為に 私達は 「IPドメインSEARCH」 というサイトを準備していますのでご利用下さい。

また逆に、日本の企業名や大学名からドメイン名を調べる為の、 「IPドメイン逆SEARCH」 というサイトも準備していますのでご利用下さい。

2:ホスト名についてもう少し説明します
「abc.mse.co.jp」という名前のサーバーがあるとします。

このサーバーのドメイン名は mse.co.jp です。

abc. はmse.co.jp の内のホスト名(サーバー機の名前)です。

ホスト名は自分達がマシンの区別をする為に付ける名前ですから、 自由な名前を付ければ良いのです。 何処にも届け出る必要はありません。
ホスト名は1文字以上 63文字以下です。

abc.mse.co.jp にWebサーバーの動作をさせる場合は、 慣例で abc.mse.co.jp を www.mse.co.jp等 という 別名に呼び変えます。 (www2.mse.co.jp でも abc.mse.co.jp のままでも構いません)
abc.mse.co.jp にDNSサーバーの動作もさせる場合は、 慣例で abc.mse.co.jp を ns.mse.co.jp等 という 別名に呼び変えます。
abc.mse.co.jp にftpサーバーの動作もさせる場合は、 慣例で abc.mse.co.jp を ftp.mse.co.jp等 という 別名に呼び変えます。
これらホスト名やホスト名の別名を DNSサーバーに設定しておけば、自由なホスト名を使用する事が出来ます。   また、DNSサーバー、Webサーバー、Mailサーバー、ftpサーバー等 必要な全てのサーバー機能を1台のホストで受け持つ事も勿論可能です。

余談ですが、サーバーの正しい意味はサービスをするソフトウェアの事だそうですが、 広い意味で、サーバー・ソフトが稼動しているマシンの事をサーバーと呼ぶ事も多くある様です。

なお、www.mse.co.jp の本当のホスト名やIPアドレスを知りたい場合は、 UNIXのnslookupというコマンドを使用しますが、UNIXマシンが近くに無い方の為に 私達は 「IPドメインLOOKUP」 というサイトを準備していますのでご利用下さい。

3:IPアドレス
ご存知の様にコンピュータは1と0 または ONとOFF しか解かりませんので、 最小単位:1ビット(1と0)の数字(2進法)で計算しする訳です。
8ビットを1バイトと言い、10進法にすると 0〜255迄の数字を表す事ができます。

インターネットでは、インターネットに直接つながっているコンピュータを4バイト(32ビット)の数字で区別します。
これを「IPアドレス」といい、 0.0.0.0 から 255.255.255.255 迄の数字で区別しているのです。

インターネットに直接つながっているコンピュータには同じIPアドレスを持つコンピュータはありません。
(よく電話番号に例えられる様に同一のものは無いのです。)

ですから、ブラウザのアドレスに http://210.161.126.147 とIPアドレスを直接入力すると弊社のTOP頁が正しく表示されます。
(http://www.mse.co.jp の様に)ドメイン名を使って入力するよりも アクセス速度は間違いなく速くなります。

インターネットの初期段階ではこの様にIPアドレスでアクセスしていた筈です。
しかしIPアドレスは非常に覚えにくい為、誰でもIPアドレスと相手の名前の一覧表を作りたくなります。

そこで、頭の良い人達が一覧表を統一した書式にしたいと考えて、相手の名前を人間が覚えやすく解りやすい様にアルファベットによる意味のある略号で構成された「ドメイン」を考案したのです。
そして、ドメイン名(ホスト名)とIPアドレスの一覧表を各コンピュータがデータとして持ち、 ホスト名を入力すると各コンピュータ内部でIPアドレスに変換する様に考えたのです。
世界中のコンピュータがいつも同じ一覧表データを持つようにすれば良いのです。

しかし、この方法では インターネットにつながるコンピュータが増えたり変更がある度に、全てのコンピュータが一覧表データを更新する必要があります。
また、今日の様に、インターネットにつながるコンピュータが増えてくると一覧表データに追加変更する作業が追いつかなくなり、ファイル自体も膨大なものになってきます。

そこでまた頭の良い人達が考えたのが、現在でも使われているDNS(Domain Name Service)です。次章で説明します。

その他、
IPアドレスの範囲にクラスA、クラスB、クラスc 等の分け方がありますが、IPアドレスの枯渇が深刻な現在では何の意味も無いと思いますので説明しません。 また、グローバルアドレス、プライベートアドレスについても何かの本を読んでください。

また、IPアドレスを4バイト(32ビット)で表す現在の方法ではIPアドレス資源の枯渇が現実問題になってきていますので、IPアドレスを128ビットで表す方法(IPv6)が実験されています。(どこかの首相も言っておられました)

IPアドレスの割り当て方法(JPNICにあった文章から抜粋)
インターネット上のすべてのコンピュータには、ユニークな IPアドレスが付けられている。 IPアドレスの割り当ては、IANA(Internet Assigned Numbers Authority)が調整し、アドレスブロックを地域IPレジストリ(北米はARIN、ヨーロッパはRIPE、アジア太平洋はAPNIC)に割り当てることによって実行されている。

これを受けて次に、大規模ISP(インターネットサービスプロバイダー)が地域IPレジストリに対して IPアドレスブロックの割り当てを申請する。アドレスブロックを割り当てられた大規模ISP は、その中から、小規模ISP に対してアドレスを割り当てることになる。さらにそれはエンドユーザーへの割り当てへとつながる。

4:DNSシステム
DNSシステムとはホスト名からIPアドレスを得る為の仕組みです。

例えば、ブラウザのアドレスに http://www.mse.co.jp と入力すると、 ブラウザは何をするのでしょうか?
私が理解しているのは以下の通りです。

(1)ブラウザはパソコンのTCP/IP設定に登録されている[DNSサーバー]に 「www.mse.co.jp」のIPアドレスを知りませんかと聞きに行くのです。
(2)聞かれた[DNSサーバー]は自分が管理しているドメイン以外のIPアドレスは知りませんので、各[DNSサーバー]が持っているヒントファイル(root.cache または named.root等:設定により任意の名前可)と呼ばれるファイルを読み出します。
(3)[DNSサーバー]はヒントファイルに書かれた幾つかのルート・ネーム・サーバーに順にアクセスして問い合わせると、「.jpゾーン」の情報を持っているDNSサーバーを知っているというルート・ネーム・サーバーが必ず存在しますので、そのDNSサーバーのIPアドレスを教えて貰います。(.comその他ドメインも同様にそのドメインのDNSサーバーを知っているというルート・ネーム・サーバーが必ず存在します。)
(4)[DNSサーバー]は教えて貰った「.jpゾーン」のDNSサーバーにアクセスし、「.coゾーン」の情報を持っているDNSサーバーのIPアドレスを教えて貰います。
(5)[DNSサーバー]は教えて貰った「.coゾーン」のDNSサーバーにアクセスし、「mse.co.jp」の情報を持っているDNSサーバー(ns.mse.co.jp)のIPアドレスを教えて貰います。 (しかし、未だ「www.mse.co.jp」ホストのIPアドレスは判りません。)
(6)[DNSサーバー]はmse.co.jpのDNSサーバーにアクセスして、やっと「www.mse.co.jp」ホストのIPアドレス(210.161.126.147)を知ることが出来ましたので、そのIPアドレスをブラウザに教えます。
ここ迄がDNSの仕組みの概要です。
理解できましたでしょうか?

各ドメインのDNSサーバーが自ドメイン内のDNS設定を正しく設定しておきすれば、全世界のドメインについてIPアドレスが解決できるような仕組みになっているのです。

なお、ホスト名やIPアドレスを知りたい場合は、 UNIXのnslookupというコマンドを使用しますが、UNIXマシンが近くに無い方の為に 私達は 「IPドメインLOOKUP」 というサイトを準備していますのでご利用下さい。

DNSサーバーの設定ファイルの説明は多くの市販本に詳しく説明されています。
私達が書いても結局同じような説明にしかなりませんので省略します。
また、専用線契約をするとそのプロバイダーのHPなどにDNSサーバーの設定方法が詳しく書かれていますので、そちらを参考にして下さい。

話のついでにブラウザに画面が表示されるまでの動作を説明しますと

ブラウザに例えば http://www.mse.co.jp/abc/xyz.htm と入力すると

ブラウザは DNSからIPアドレス 210.161.126.147 を得ます。
ブラウザは 210.161.126.147のWWWサーバーに/abc/xyz.htm ファイルを送ってくれるように要求します。
ブラウザは /abc/xyz.htm ファイルを解読し、画像ファイル等が含まれている場合には 、各画像を送って貰う様にそれぞれのWWWサーバーに要求します。
ブラウザは /abc/xyz.htmファイルに JavaScript や Java が書かれている場合はそれを実行します。

MSE株式会社
粉体工学会、科学機器協会 会員
〒577-0045 東大阪市西堤本通東1-1-1
URL= http://www.mse.co.jp/
ご質問はEメールでお願いします。
電話でのお問合せはご遠慮下さい。