独自ドメイン名の取得
 by ip-domain-search.com
IPドメインSEARCH IPドメインLOOKUP ドメイン基礎講座 WWWサーバーに渡す情報
独自ドメイン名の取得 自社(宅)サーバーの構築 複数ドメイン運用サーバーの構築 お問合せ 他 プロフィール

ここでは、『自社(宅)サーバー』でドメインを運用する場合の
独自ドメイン名の取得について解説したいと思います。
 

1:ドメイン登録業者の選択

2:ドメイン運用の自由度

3:ドメイン登録業者選択の注意点

4:新規のドメイン登録の場合

5:ドメイン登録時の記載必要事項


1:ドメイン登録業者の選択

ドメイン名を取得する場合の登録業者の選択ですが、 取得したいドメイン名の重要度によって異なると思われます。

遊びや試験的に使うドメイン名と永久に使う大事なドメイン名とでは異なり、
大事なドメイン名を登録する場合は私なら元国営のNTT系列会社の 名づけてねっと が やはり安心感があります。
また、 東証一部上場の お名前.com も多くの人が使っているいう点で安心感があると思います。

また、遊びのドメイン名なら 激安ドメイン をPRしている業者も多く存在しますので、ご希望の業者を選ばれてドメイン名を登録して下さい。



また、ドメインを登録しただけでは自ドメインのホームページ(HP)も見れず、自ドメイン宛のメールも受けられないので

殆どのドメイン登録業者は
  (1)ドメイン名の新規登録および更新業務 
  (2)ドメイン運用(HP、メール)の為のホスティングサービス
をセットで販売しているかと思います。

そして、その業者の勧めるレンタルサーバーを利用すれば、技術的な負担が無く楽にドメインの運用ができ、対外的には簡単に独自ドメイン名でのHPやメールを運用する事ができますので、殆どのドメイン所有者はレンタルサーバーを利用して自ドメインを運用しておられると思います。

中にはドメインを登録すればレンタルサーバー料金は無料とPRしている業者もあります。

また、ドメインには関係なく無料のレンタルサーバーを提供しておられる業者 (例1 、 例2 、 例3 等)があります。
大事なドメイン名をこれらの無料レンタルサーバーで運用される方は無いと思いますが、 初心者の方でレンタルサーバーの経験の為に、遊びで格安ドメインを登録して無料レンタルサーバーで運用を経験される事は有意義だと思います。

また、レンタルサーバー料金も最近は競争が激しく、 激安レンタルサーバー なら月額1,000円以下というサービスも多く見られますので、多くの人にとっては経済的な負担も殆ど無いのではないかと思われます。

なお、通信のセキュリティ上で安全なhttps:のサイトを作る際に必要となるSSL証明書が無料や格安で付いているレンタルサーバー(例はサイト右側)もありますので、簡単にSSLサイトを作りたい方は検討されても良いかと思います。

2:ドメイン運用の自由度

しかし一度、『自社(宅)サーバー』を構築しますと、格段に自由度が広がり、後に説明する複数ドメインの運用なども可能となり、技術的なスキルアップは必要ですが可能性が大いに広がります。

複数ドメインの場合は運用料金についても有利です。
レンタルサーバーならドメイン名毎に運用料金が必要ですが、『自社(宅)サーバー』なら例えば VPS を2台(DNSのプライマリー用とセカンダリー用)契約しても、1台月額1,500円として毎月3,000円だけで良く、ドメインを多数運用しても増えません。)

(注:ドメイン更新料金はどちらもドメイン名毎に必要です)

3:ドメイン登録業者選択の注意点

ですからドメイン登録業者を選ぶ際の注意点としては

ドメイン名の新規登録時に、その社が提供するレンタルサーバー等のドメイン運用ホスティングサービス を必ず利用しないといけない業者は、始めから除外しておいた方が良いように思われます。
(あるドメイン名でレンタルサーバーを利用した後に「レンタルサーバーの解約を申し込むと、他のドメイン登録業者に移らないとドメイン更新も出来なくなった」と途方にくれた人もおられますので。)

即ち、
(1)ドメイン登録 と(2)レンタルサーバー をセット販売していないい業者を選ばれる方が良いように思います。

なお、既にドメイン名を登録済で現時点で登録業者のレンタルサーバーを利用しておられて、『自社(宅)サーバー』に挑戦したい方も同様で、「レンタルサーバーの解約を申し込むと、他の業者に移らないとドメイン更新も出来なくなる」様な事が無いかを確認しておかれる事をお奨めします。

業者の選択は 『ドメイン取得』 『ドメイン登録』 などのキーワードで検索して下さい。

4:新規のドメイン登録の場合

大手の業者や知られた業者ならどこを選んでも心配は殆ど無いと思いますが、
もし、レンタルサーバーでは無く『自社(宅)サーバー』でドメイン運用を予定されている場合は

先程の説明の様に
(1)ドメイン登録 と(2)レンタルサーバー をセット販売していない業者を選ばれる方が良いと思います。

無事にドメイン登録業者が決まり、その業者のHPで希望するドメイン名を入力すると、殆どの業者のHPは入力されたドメイン名が登録済か未登録であるかを確認してくれますので、未登録ならそのドメイン名の登録が可能です。

5:ドメイン登録時の記載必要事項

殆どのドメイン名は登録するメールアドレスが連絡のとれるものでさえあればドメイン名を登録できます。

(一部、外国の.museum(博物館).coop(協同組合)等は一定の基準を満たす必要があります。)
(最近はJPのCO.JPドメインでも提出書類なしで登録できます。後日に登録内容を変更する場合には戸籍謄本の提出が必要となりますが、登録時は無審査同様で即時に登録が完了します。)

登録時の必要事項を記入していけば簡単に即時にドメイン登録が完了します。

ドメイン名によって登録時に登録(Admin)担当者や技術(Technical)担当者等の記入が必要となる事がありますが、本人のものを書けばOKですし、業者によっては登録担当者や技術担当者等は業者スタッフが代行してくれるところもある思います。
(ただ、JPのCO.JPドメインの登録担当者は「その会社の人である事」と規定されています。)

ドメイン名によって登録時にネームサーバー(DNS)ホスト名の記入が必要となる事がありますが、
その業者のレンタルサーバーを利用する場合は業者が記入または業者が記入内容を教えてくれる筈ですし、
業者のレンタルサーバーを利用しない場合でも、 先程の説明の (1)ドメイン登録 と(2)レンタルサーバー をセット販売していない業者 の場合は ドメイン登録の為に業者が取り敢えず所有のホスト名を記入してくれると思います。

特に不正にドメインを登録しようなどと企てていない限り、必要事項の記入に困られる事は無いと思います。
また、個人の方で住所やTELが公開されるのは防犯上NGという方の為に多くの業者はプライバシーサービス等の公開代行のサービスをしてくれると思います。

その他、業者のサービスの案内や料金およびご利用規約を十分に検討して下さい。

お支払いはクレジット・銀行振込の別など業者のHPの記載を読んでご自身に合った業者をお選び下さい。

登録済ドメインの自社(宅)サーバー構築


次頁の  自社(宅)サーバーの構築 へ進む




誤字脱字があった場合はEメールでお知らせ下さいますようにお願い申し上げます。


Copyright(c) ip-domain-search.com  All rights reserved.


--<Sponsered Link>--



ドメイン登録業者サイト







レンタルサーバー業者サイト











ドメイン+無料レンタルサーバー



ドメイン+無料SSL証明書レンタルサーバー





ドメイン+格安SSL証明書レンタルサーバー



--<Sponsered Link>--


IPドメインSEARCH IPドメインLOOKUP ドメイン基礎講座 WWWサーバーに渡す情報
独自ドメイン名の取得 自社(宅)サーバーの構築 複数ドメイン運用サーバーの構築 お問合せ 他 プロフィール